社員紹介 RECRUIT

学校給食事業

大量調理のコツと視点を活かし 営業職として、現場をサポート
画像

私の前職は調理師だったのですが、担当していた施設を所有するオーナーが保険会社ということもあり、土日の出勤や泊まりでの勤務も多く、いつしか30歳をめどに転職をしよう......と考え始めるようになっていました。そんな折り、勤務する施設の閉鎖が決まり、異動のお話を断り、転職活動を開始することを決意。馬渕商事へ入社を決めた理由は、やはり大量調理の経験を活かせる仕事内容だったからといえます。
入社後は、江戸川区と杉並区の学校給食スタッフとして配属されたのですが、5年目に「営業としてやってみないか」と本社から声がかかり、今日に至ります。その時はさすがに、調理師からまったく畑の違う営業職への異動に抵抗がなかったとはいえません。ただ、これまでの調理師としての経験と視点を活かし、よりよい職場作りについて、営業からの観点でお手伝いできるのではないかと考えまして......。それでお話を受けることにしました。その後は、現場の調理スタッフと密接な関係を築くことを第一に、充実した毎日を過ごせています。

人材育成の好サイクルが 編み出すプラスαの給食
画像

衛生、調理といった技術での側面は、どの同業他社にも共通しています。私は、調理師から営業職に転じて、当社の強みを具体的に理解できるようになったのですが、それは、学校給食、独身寮、学生寮、保養所、研修所、学生食堂、社員食堂など、"食"に関連する事業を多角的に展開している点だといえます。こうした事業特性から、当社では人材を有効的に育成・投下できる「人材の好サイクル」が育まれています。だからこそ「安全・安心・衛生」に加え、「手作り」「おいしい」「真心のこもった食事」「地元産の食材を使用」「適温での提供」「心地よい食環境の提供」といった、当社独自のプラスαを加味したサービスを提供できるといえます。こうした多面的なサービスが、直接的なお客様である児童をはじめ、先生、保護者からの信頼につながっていますし、何より、契約先である自治体と長年にわたって築かれた信頼関係も、そうした側面に拠るところが大きいのではないかと思っています。

アットホームな社風が育む 現場と本社の円滑な関係性
画像

営業は、学校給食の現場を管理・指導し、スタッフを育成する役割を担っています。また、安心・安全・おいしい食事を提供するために、問題点を払拭した優れた環境作りは非常に重要です。実際に、過去に調理師として働いていた時は時間に追われる毎日でしたから、施設や設備に少し不備があっても"そのうち直そう"といったゆるさがあったことは否めません。
でも、営業である現在はそうした点を看過するわけにはいきません。様々な観点で多忙なスタッフさんのサポートに徹しなければならない責任があるからです。営業に配属された当初は、こうした観点の相違に戸惑いも覚えましたが、当社のよいところは、中途入社でしかも調理師から営業に異種替えした私に対しても、とてもアットホームでファミリー的に対応してくれる点だといえます。現場の調理スタッフにとっても気持ちよく働けるうえ、本社のスタッフと密接な関係が築けているのも、こうした社風あってのものだと思います。

社員紹介へ戻る